着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-

レビュー

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-

皆さんお久しぶりですっ。こずえさんです。
今回はドラゴンディルド連載の2回目、Genesisをレビューしていきたいと思いますよ〜(^ν^)

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


初めてご覧になる方のために解説しておきますと、大魔王さんのオリジナルディルドで“Amazing Beast”という一連のシリーズがありまして。その中でドラゴンをコンセプトとしたディルドの2作目がこのGenesisです。前回レビューしたORIGIN(オリジン)はその1作目なので、そっちも見ていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

さて、まずは見た目からですね。

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


でかぁぁいっっ!説明不要! …いや、ちゃんと説明しますけどね?
とにかくまぁ今まで挿れてきたモノの中でもかなり上位どころか、最大級の存在感ですよ、コレ。前回レビューさせてもらったORIGINと比較してもこの通り。

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


うーん。俄然不安になってきました。コレ入らなかったら原稿として成立しないよね…?

気を取り直して。大きさもさることながら、ゴツゴツした表面のテクスチャもなかなか威圧感に溢れてます。まさに荒ぶる龍の筋肉、って感じ。いわゆるイボ付きのバイブみたいな規則的で無機質な配列と違って、いっそ禍々しささえ感じます。
マジマジ見るまで気づかなかったんですけど、人間のチンポと違って反りが逆なんですね!?コレ。多分カリが出っ張ってる方が背側で尿道の溝が走ってる方が腹側なんでしょうけど、あくまで人間とは別種の異形の魔物なんですよね。

それと、前回書き忘れたんですけど。こういうテクスチャって、モンスターに犯されて堕とされる背徳的な気持ちよさだけじゃなくて、ローションが絡みやすくって乾きにくい、プレイの安全性にも考慮されてると思うんですよね。ペペのバックドアみたいに粘稠度が高いローションでもしっかり絡んでくれます。そういう目に見えにくいユーザビリティも含めて流石だなぁって感じです。

素材の感じは前回のORIGINと同じですね。流石に太さがあるのでフニャフニャとまではいきませんけど、ディルドとしては他のシリーズでは見たことない柔らかさです。

・・・さて、前置きはこのぐらいにして早速頂いちゃいましょうか。
最初はソフトから。
しっかりアナルとディルドにローションを塗り込んで、っと。
では、頂きまーす♪

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


んんっ…今までで一番太いですけど、最初にカリが入っちゃうと意外とその後は素直に入りますね…でも長いから突き当たりに当たって押し込もうとするとちょっと苦しい…?でももうちょっと入れたい…(グリグリ)

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


…入り…ましたぁ…。グリグリ回しながら探ってたら一気にズルっと入ってきちゃいました…。
ヤバイです…これ。コ初めてこんな奥まで犯されちゃいました。強制的にアヘらされて、壊れるかと思いました…。

普通のディルドって亀頭の先が丸いのと固めだから、途中の突き当たりで止まってここまで入ってきちゃうことなかったんですけど、コレは先が少し尖ってるのと、全体的に素材が柔らかいから入って来やすいのかも。素材的にガツガツピストンするより、奥に入れたままグリグリ詰るように動かすのがオススメです。

ただし一般的なディルドと比べてかなり柔らかいのと、それに太さは結構あるんで、しっかり拡張できている人じゃないと入れにくいし入らないから門前払いになっちゃうかもですけど。でもこの奥までガッツリ犯してくる感じを味わうなら、頑張って練習する価値はあると思います。
繰り返しますけど、ヤバイです、コレ。これを知ったら戻ってこられなくなるかも。覚悟して挑んでください・・・。

なんか既に息も絶え絶えな感じですけど、次はレギュラーにいきましょうか。
いざ!勝負!

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


さっきイッたせいかな?するっと奥まで入っちゃいました。
入れやすさ、って言う面ではソフトよりレギュラーの方がある程度押し込めるコシがあるんで上かなぁ。ただしコシの分奥まで入れようとした時に無理すると怪我しやすいからそこは注意だね。

あと、だんだんわかってきたんですけど。私の場合、最初挿入するときは反ってる先が前側を向くように挿れていって、突き当たりで回転させながらずりっと押し込むとうまくポルチオに入りそうかも?
いったん奥まで入れる感覚に慣れてしまったら、ゆっくりピストンしてもその度に先っぽがひだを越えて入っていくのが分かります。まさに調教されてる感覚ですね。

あと、挿れる時にはそんなに気にならなかったんだけど、サオの太さに緩急があって、普通のディルドよりも粘膜にしっかり絡みついてくる気がします。ゾリゾリって内側全体を擦ってくるので、オナホにされて弄ばれてる感覚?を味わえる気がします。

…因みに文章が若干冷静になっているのは、調子に乗ってピストンしてたら散々イかされてそのままぶっ倒れた後の賢者タイム明けに書いてるからです。さて、最後はハードですよーっ!

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


連続で撮ってるんですけど、しっかりアナルが拡がってたおかげで一気に入っちゃいました。(;´Д`)

着ぐるみこずえのお尻遊び -着ぐるみこずえのお尻遊び Genesis 編-


挿入するときの感触はかなり太さを感じますね。ソフト、レギュラーに比べてコシがある分押し込みやすさと握りやすさはあるけど、しっかりアナル柔らかくしとかないと痛いかも。
まぁこのドラゴンに挑もうとする人にそんなレベルの足りてない人はいないでしょうけども。

一度入ってしまうとレギュラーで感じたゾリゾリ感をより強く感じますね。素材の硬さでねっとりとした絡み付く感じが弱くなった分、ピストンした時に内側をゴリゴリって広げながら擦っていく感じが刺激的♪

ポルチオもレギュラーより入りやすくて、奥のヒダまでガリガリ犯してきます。パワフルさはレギュラーに比べてかなり上がってるんじゃないかなぁ?逆に、じっくりねっとりしたプレイが好きな人にはちょっと相性が悪いかもしれないレベルで攻撃力高めだと思います。

【Genesis ソフト】
STR(ちからづよさ)★★★☆☆
DEX(きようさ/すばやさ)★★☆☆☆
SIZ(おおきさ)★★★☆☆
INT(かしこさ/やさしさ)★★★★☆
APP(うつくしさ)★★★★☆
<毒霧の谷で 出会ったドラゴン。 今までに出会った ドラゴンの どれより 大きく 美しく ずるがしこい>

【Genesis レギュラー】
STR(ちからづよさ)★★★★☆
DEX(きようさ/すばやさ)★★★☆☆
SIZ(おおきさ)★★★☆☆
INT(かしこさ/やさしさ)★★★☆☆
APP(うつくしさ)★★★★☆
<日照りのあれ地で 出会ったドラゴン。 戦士のように 強いたましいは 力とわざを かねそなえている>

【Genesis ハード】
STR(ちからづよさ)★★★★☆
DEX(きようさ/すばやさ)★★★★☆
SIZ(おおきさ)★★★★☆
INT(かしこさ/やさしさ)★★☆☆☆
APP(うつくしさ)★★★★☆
<はいきょの街で 出会った ドラゴン。 このあたりの 村と街から せいきを すいつくした 強大な ちからで ゆうしゃに 立ち向かう>


というわけで、今回はGenesisのレビューでしたっ(*^^*)

次回は凍龍に挑みますよーっ! お楽しみに!

大人のおもちゃ通販大魔王「Genesis(ジェネシス) 」商品詳細へ移動


オマケ

あ、そうそう。ちょっとだけオマケ。今回紹介したディルドはかなりアナルの奥のほうまで入るので、前回ちらっと言った私がいつもやってる摘便(アナルのお掃除)のやり方紹介しますね。奥までしっかり綺麗にしてから楽しみましょう・・・♪

【1】まず使い捨てのゴム手袋を用意します。爪はしっかり切っておいてください。
【2】トイレに座って人差し指を湿らせます。ローションがベスト。
【3】アナルの周りをほぐします。いつものアナニーと要領は同じですね。円を描くように周りからほぐしていくのがポイント。
【4】ゆっくりアナルに指を入れます。指を壁の内側に沿わせて中をそっと探りながら、まずは壁についてるのを剥がします。
【5】塊があれば少しずつ砕きながら。小さな塊ならそのまま指の背で寄せるようにアナルから出してあげてください。
【6】手前のほうが綺麗になったら奥のほう。少しいきむと直腸の壁が緩んで奥のほうまで指が届きやすくなります。
【7】あくまで少しずつ、指を濡らしながら繰り返します。奥まできれいになったらウォッシュレットなり、イルリガートルなりで流して完了っ!
【8】あとは指なりエネマなりディルドなりおちんちんなりで、アナルを可愛がってあげてください♪

 

 

 

 

4413View

この記事の編集者

着ぐるみこずえ

着ぐるみこずえ

23歳の着ぐるみ系女子です。
初体験での失敗から、練習のためにおもちゃで遊んでたらそれ以来おもちゃ遊びが大好きになってました。
お尻グッズを中心にレビューさせて貰います。参考になれば嬉しいです。

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す