みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

レビュー

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

皆様こんにちは!
アナル大好きみやこです!!
今回レビューさせていただくのはコチラ!!

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

アメージングビーストシリーズのミミックドラゴンです!!

並べるとこんな感じです!!

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

左:グリーン(ソフト) 中央:プレデターピンク(ノーマル) 右:ブラック(ハード)

プレデターピンクとグリーンは美しいですね♡
プレデターピンクはドラゴンの生々しさ♡
グリーンからは食虫植物のような雰囲気がムンムンしますね♡

立てた時の見た目からもわかる通り、ソフトは自重で少し頭が下がっています。
ノーマルとハードはしっかり立ちます。
触った感じ、ソフト・ハードは生物間のある硬さ。
ハードは少し無機物感を感じる硬さです。

比較対象が無いと大きさがわかりにくいですが……。

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

安心してください!ちゃんと大きいですよ♡(缶のサイズは350mlです)

台座が大きいので短小に見えがちですが、とても大きいです♡
こんなに台座が大きいディルドは珍しいですね♡

では、実食♡

 

ソフト

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

頭部分が大きく、根本が柔らかいので入れるのに苦戦します。
しっかりほぐしてからなら、にゅるりと入ります♡
一度入ってしまえば、アナルが搾り取るように飲み込んでいきます♡
ただ、飲み込むと言っても長さは18㎝もあるので、
奥までしっかり拡張が進んでいる人向けですね♡
また、ソフトならでは良さとしてはアナルを絞めた状態で
無理矢理引き抜こうとすると、根本の弾力が程よく抗います♡
巨大な台座の吸盤もあって、そのまま引き抜くと強制産卵のような感覚を味わえます♡

リアル感  ★★★★★
気持ちよさ ★★★★☆
オススメ度 ★★★☆☆

 

次に、レギュラー

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

ソフトよりも柔らかいので腰を下ろしてやるだけでしっかり入ります♡
基本的に、アメージングビーストシリーズはソフトが初心者向けだと思いますが、
ミミックドラゴンはレギュラーの方が初心者向けですね。

存在感はソフトよりもしっかりわかります♡
特にS字をノックする力が最高です♡
しっかりと存在感を主張します♡
ソフトはアナルの形状に合わせて柔軟に形状を変えてくれましたが、
レギュラーはディルドがアナルを矯正します♡
腰を深く落とすとそのまま気絶しそうになります♡

リアル感  ★★★★☆
気持ちよさ ★★★★☆
オススメ度 ★★★★★

 

最後に、ハード

みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」
みやこの人外ディルドレビュー「Mimic Dragon」

やっぱり硬いです♡
期待を裏切りませんね♡
ゴツゴツと硬く、レギュラーよりも更に存在感を感じられます♡
一気に腰を落とすとゴリっと前立腺を擦りながら奥をパンチします♡♡

そして、どのディルドにも言える事ですが、しっかり腰を落とすとお尻に台座の歯が食いつきます。(柔らかいので傷や跡にはなりません。)
これがとても良いんですよ♡♡
本当に生物に犯されている感じになっちゃいます♡
奥を刺激されながら、台座がお尻に食らい付く感覚は最高です♡
お尻の表面も性感帯なんですね♡
ハードの台座が一番牙感を味わえたのでハードのレビューで書かせていただきました♡

リアル感  ★★★☆☆
気持ちよさ ★★★★★
オススメ度 ★★★★☆

最後に
ミミックドラゴンは、奥まで入らなくても前立腺を刺激するので気持ちいいです♡
ただ、奥を刺激しながらお尻に台座が食いつく快感を皆さんに味わって欲しいので、
しっかり奥まで拡張している方に強くオススメしたいです♡

それでは皆さん、是非お試しください♡♡♡

 

 

ミミックドラゴンのご購入はこちら

 

 

 

1183View

この記事の編集者

みやこ

みやこです。
都会の夜のお店で働いております。
奥は40cm、幅は6.5㎝まで拡張中♡もっと奥も幅も広げたい!!
人外サイズじゃないと満足できない身体になっちゃいました♡
色んなおもちゃで今日も喘ぎます!!

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す