あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

レビュー

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

こんにちは、「あさひ」と申します。

今回レビューさせていただくのは、通販大魔王さんオリジナルディルドシリーズ「Amazing Beasts」より
「水龍」
という、水属性ドラゴンがイメージされた人外ディルドです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

・ソフト(ブルー)
・レギュラー(ディープブルー)
・ハード(ブラック)の3タイプをご紹介します!

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

ディルドとしてはかなり独特な形状です。表面はなめらかであまり起伏がないですが、挿入部の中腹に大きなコブがあり、見た目では挿入感が全然想像できないです。
挿入長は500mlペットボトルと殆ど変わらず、最後の大きなコブはトイレットペーパーの芯より明らかに太いです。
すべて挿入しようと思うとある程度拡張の進みと慣れが必要かと思います。
しかしながらコブ手前までで言えば長さ、最大径ともにペットボトルの芯と同等程度な上、先端はかなり細めに作られていますので、これ一本でかなり拡張が進められそうな間口の広さを感じます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」
あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

土台は吸盤機能を持っていますが、吸盤の強さは少し弱めかなという印象でした。
特に、ハードタイプは壁に貼って使うというためというより、床置きの補助としての吸盤といった印象です。丸みを帯びた土台で持ちやすいので、手持ちか床置きで使用していく形になるかと思います。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

使用レビュー

レギュラー(ディープブルー)
深みのある緑がかった青と紫のツートンカラーで、非常にきれいな色です。
細部のデザインもきれいで、オブジェクトとして完成度が高いです。さすがのAmazing Beastsシリーズですね。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

硬さとしては、一般的なディルドと比べて少し柔らかめな印象ですが、太くなっている部分はしっかりとハリを感じます。
上面は血管をあしらったデザインになっていますが、裏面(睾丸側)は加工のないツルツルな表面になっているので、これが使用感にどのような影響を与えてくるのか楽しみです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

では、早速使っていきます!

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

第一印象は「意外と優しいな」でした。
先端が細く作られているので挿入しやすく、するすると入っていく感覚でした。ある程度の経験者であれば挿入部前半の細くなる分までは難なく入っていくと思いますし、慣らしにも良さそうな感じです。
血管のようなデザインがほのかにアクセントを加えてくれており、出し入れしても飽きづらい刺激です。
反りあがっている方をお腹側に向けて出し入れすれば、大きな指で前立腺を押し上げていじられるような感覚があって、個人的には非常にハマりました。
ここまでの使用感は万人が楽しめる感触ですが……根元の大きなコブに挑もうとすると一気にキャラクターが変わります。

5cmほどある最大径はかなりの存在感がありますし、すべて飲み込むには慎重なウォームアップが必要でした。
一番太い部分を超えるとそのまま奥まで入り込んでいきますが、ただでさえ大きなコブで圧迫感があるのに奥まで問答無用に侵入されてしまうので、被虐感が半端ないです。この感覚はなかなか味わったことがないですね。

とても気持ちいいのですが、良く慣らしておかないともしかしたら直腸奥が痛く感じるかもしれません。
あらかじめ全長が長めのおもちゃでほぐしてから使用すると、より真価を味わえるかと思います。
また、全体的にツルツルとしていて摩擦感が強めなので、ローションはたっぷり使うとより良かったです!
なお、壁に貼り付けて使用するには、硬さ(自立性)と吸盤の強さのバランスがよく、一番取り回しが良かったです。

前半部分と後半部分の使い分けで、ほとんどの人が満足できちゃうような間口の広さを感じる1本でした。

ソフト(ブルー)
とてもさわやかな色合いです。いい意味でいやらしさがなく、ゲームやファンタジー小説に出てくるオブジェクトのような雰囲気です。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

柔らかさとしてはかなりソフトです。特に先端部分は素材の密度も少ないのでかなり柔らかく感じます。
挿入のしやすさは大いに期待できます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

では、こちらも使用していきます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

想像通り、かなり優しい挿入感です。根元が細めで少し不安定ですので、最初はコブ手前の細い部分を持って挿入するとスムーズでした。
全体的に、レギュラータイプと似たような使用感で、素材の柔らかさによってより刺激が全体的にやさしくなったといった感じです。

前半の部分はより挿入しやすく、優しく押し広げてくれるような感覚で、初心者がディルド1本目にしてもいいぐらい優しいです。半面、個人的には少し物足りなく感じてしまったので、ある程度慣れている方は、挿入長すべてを使う前提で使用することになると思います。

ソフトでもコブはかなり主張していますので、ある程度慣れている方でも十分に満足感があると思いますし、奥まで入れても直腸奥の負担感はレギュラータイプよりかなり穏やかに感じました。レギュラータイプはコブを超えるのに慎重さが必要でしたが、ソフトタイプであればある程度ラフに使えていいですね!
初心者が大きなコブを超えるのはサイズ的にかなり難しいですが、素材の柔らかさで優しく押し広げてくれる感覚がありますので、ある程度慣れてきたらこれで拡張を試みてみるのもありかもしれません。

総じて、レギュラータイプの前半の万人受けする使い心地と後半のコブを慎重に攻略していく感覚に比べて、全体的に優しい使い心地で気軽に使えるのがソフトタイプの良さに感じました。

ハード(ブラック)
手に取った瞬間に、ほかの2タイプにはない威圧感を覚えます。
ハードタイプは造形が細部までくっきりと表現されるので純粋にオブジェクトとしてカッコいいです。ずっと眺めていられますね。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

ハードタイプは、最大径の太さも相まってかなりしっかりした固さを感じます。かなり入れごたえありそうですね……! 床に置いた時の安定感は随一で、取り回しが良さそうです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

では、使用していきます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「水龍」

先端の細さとしっかりした素材のおかげで挿入のしやすさは抜群にいいです。
やはり全体的な使用感・感触は3タイプ共に似ているのですが、いざ挿入してみるとやはりハードタイプ。挿入長前半で既にほかふたつにはない満足感があります。もし慣れてない方がこれを選ぶのであれば、挿入長前半を拡張プラグのようにじわじわ挿入して使うような形になると思います。慣れてない方は、基本的にはレギュラーより柔らかいものを選択することをお勧めしたいです。
コブの存在感は、やはり他2タイプとは比べ物にならなく大きいものになっています。時間をかけてゆっくり乗り越えましたが、ちょっとした山を登ったような達成感でした。これをすんなり飲み込めるようになったら相当のベテランなのではないかと思います。
一番太い部分を乗り越えた後はズルっと奥まで入っていきますが、まさに人外に入口から奥まで犯される感触で、この充足感は他では味わえないかもしれません。括約筋の力を入れたり緩めたりするだけで腸内をまんべんなくかき回される感触が楽しめます。水龍レギュラータイプやLサイズディルド等でほぐしてからの使用が真価を発揮すると感じました。

レギュラータイプよりもさらに、挿入していく感覚と挿入した後の達成感・充足感を楽しむ為の一本だと思います。ある程度アナニーやアナルセックスに慣れている人に新境地として試してみてほしい1本でした。

総評……

・レギュラー:経験を問わず、様々な楽しみ方ができる間口の広い一本!
・ソフト:水龍の使い心地はそのままに、気軽に使える一本! 個人的イチオシはこれ!
・ハード:アナル経験者に挑戦してほしい一本! 水龍の本気を味わいたいならこれ!

コブを超えるか超えないかでかなりキャラクターが変わる、一本で二度おいしい自由度の高いディルドでした!
他にはない使用感を読んでいただいた皆さんもぜひ味わってみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

「水龍」のご購入はこちら

 

 

 

 

234View

この記事の編集者

あさひ

素敵なアダルトグッズと気持ちいいオナニーを求めて、使ってきたオモチャは数しれず。あさひと申します。経験を活かして、わかりやすいレビューをお届けしたいと思います!

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す