あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

レビュー

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

こんにちは、「あさひ」と申します。

今回レビューさせていただくのは、通販大魔王さんオリジナルディルドシリーズ「Amazing Beasts」より
「凍龍スリム」
という、氷属性なドラゴンがイメージされたさわやかデザインのディルドです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

・ソフト(ブルー)
・レギュラー(アイスブルー)
・ハード(ブラック)の3タイプをご紹介します!

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

スリムタイプですので、サイズ感はAmazing Beastsシリーズとしてみるとかなり小ぶりです。
通常版の氷龍はシリーズの中でも最大径がかなり太目で上級者向けの一本ですが、スリムタイプは、長さと最大径がちょうどトイレットペーパーの芯ほどで、先端も根元も細めに作られているので、これからおもちゃを使ってアナニーにチャレンジしたいという方も使いやすいサイズ感だと思います。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」
あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

(左・凍龍通常版 右・凍龍スリム)

土台の部分は、強力な吸盤機能があります。
重みとサイズがしっかりあるので、手で持っても、吸盤を使って壁につけても、ベッドの上でもお風呂でも、幅広く使えそうです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

使用レビュー

レギュラー(アイスブルー)
さすがAmazing Beastsシリーズといった美しい造形です! 特に土台の部分のいかにもひんやりとしそうな乳白色の色合いは、コンセプトをよく表現していて素晴らしいです。
挿入部のテクスチャも滑らかで、非常に使いやすそうですね。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

硬さとしては、一般的なディルドと比べて若干ソフトな印象です。挿入部の一番膨らんでいる部分にはハリを感じますが、先端と根元は細く作られているため柔らかく感じて、とても使いやすそうです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

では、早速使っていきます!

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

先端が細く、中腹にかけて円錐状になっているので、非常に挿入しやすいです。
優しい挿入感からゆっくりと押し広げられ、一番太いところを抜けるとあとはほとんど勝手にするすると入っていく感覚です。エネマグラに似ているような挿入感ですね。
内壁をぐっと押し上げながら奥まで入っていくので、なかなかインパクトのある刺激です。コンパクトながらしっかり存在感、圧迫感があって気持ちいいです。
出し入れしてみると、大きめのくぼみで凹凸のあるテクスチャが非常にいい仕事をします。
擦れる感触にもアクセントがついて気持ちいいですし、ローションと空気をからめるので出し入れするといやらしい音がして非常にテンション上がりますね!

最大直径が4cm近くあるので、まったくほぐしていない状態だとすんなりは入りませんでしたが、先端が細くて挿入しやすいので、「まず一本目にこれでほぐそう」という選択肢が生まれました。
また、最大径に対して挿入径は短めですので奥まで挿入しやすいかと思います。床にセットして根元まで挿入しぐりぐり腰を動かすような使い方と相性がよく、中をかき回される感触を楽しめますよ!

一度入ってしまえば、根元は細身に作られているのである程度出し入れしてもほとんど負担はないですし、初心者の拡張や、指からのステップアップにも非常に使いやすい一本なのではないかと思います。

ソフト(ブルー)
濃い目のブルーで、インパクトのある色合いでカッコいいです。
今回はソフトタイプですが、ハードタイプとも相性が良さそうなエッジのある色合いです。
男児向けコンテンツの主人公モデルみたいな雰囲気で男の子心がくすぐられます!

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

ソフトタイプは、その名の通りかなり柔らかいです。
根元が細い形状ですので、自立させて使おうと思うと少々不便かもしれません。その分、柔らかさも相まって使用感はかなり優しそうですね。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

では、こちらも使用していきます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

サイズも比較的コンパクトでかなり柔らかいので、非常にやさしい使い心地です。挿入感はレギュラータイプに似ていますが、さらにマイルドになった感じですね。
ですが、絡みつくような感触や、一番太いところを超えた時に感じるグッと押し上げるような挿入感はしっかり健在で、十分個性を感じられると思いました。

ソフト素材はローションの絡みがよい上、表面の凹凸がローションをよく保持してくれますので、潤滑不足による痛みやダメージはかなり少ないと思います。柔らかさも相まって、初めてディルドを買うという方でも非常に使いやすい一本なのではないかと思います。

半面、自分自身もそうでしたが、ある程度の経験者であればほぼ準備なしでもいきなり挿入できてしまいそうです。ある程度拡張が進んでいる方にはウォームアップにも少々物足りないかと思いますので、レギュラー以上を選択すれば満足度の高い買い物になるかなと思います。

ハード(ブラック)
雰囲気がガラッと変わって、強力な魔物の雰囲気を漂わせます。
Amazing Beastsシリーズ全般に言えますが、ハードタイプはデザインが細かい部分までしっかりと表現されるので、鑑賞していてとても楽しいですね! 手に取って眺めたり、鑑賞や展示をしたりなど、ビジュアル重視な方にはハードタイプをお勧めしたいです。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

かなりしっかりと硬さ、ハリを感じます。
根元が細くても垂れ下らずしっかり自立しますので床置きで吸盤を使わなくても安定しますし、壁に貼って使うのにもとても使いやすそうです。試しに台の側面に張り付けてみましたが、しっかりと反りあがってくれていますね。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

では、使用していきます。

あさひお兄さんのアナルグッズ解説レビュー「凍龍スリム」

やはり素材の硬さゆえに、使用感も他2タイプと比べてはっきりと刺激的です。
太い部分はコンパクトなサイズには見合わない存在感がありますし、表面の凹凸は絡みつく感触というより入口をこすり上げるような感触といったイメージでした。ピストンすると感触の違いをはっきり感じますね。キャラクターは違いますが、これはこれでかなり気持ちいいです。

個人的には根元まで挿入して腰を動かすような使い方がお気に入りです。また、他2タイプより挿入した後抜けづらく、根元が細い形状のおかげで、力の抜き入れである程度出し入れしたり当たり具合を調整したりしやすいので、ノーハンドでプラグ代わりに使うのが楽しかったです。土台をコンパクトにしたプラグ版凍龍スリムがあったら買っちゃいそうです!
コンパクトで気軽に使いやすいのにしっかりとした使用感ですので、ある程度のアナニー経験者でも楽しい一本だと思いますし、ウォームアップの為の一本としてもお勧めです。

半面、ソフトタイプとは逆で、小さいサイズでも最大4cm弱の直径で硬めの素材ですので、初心者はディルドとして楽しむというより、徐々に一番太いところを超えられるようゆっくり挿入していく、拡張プラグのような使い方を想定して購入するといいのかなと思います。
素材がいいのでローションの絡みもいいですし、そこらの味気ないプラグらしいプラグで拡張するより怪我無く楽しく拡張できるのではないかと思います!

総評……

・レギュラー
凍龍の魅力を気軽に体感しやすくなった一本! 迷ったらこれがお勧め!

・ソフト
優しい使い心地で初心者の一本目にもおすすめ!

・ハード
拡張の入門にも使える一本! 経験者にも使い道の多いオールラウンダー!

非常に使いやすく、コンパクトで場所も取らずリーズナブルなので、とりあえず持っておいて損はないと感じる一本でした。硬さによってお勧めしたい方が変わる印象でしたので、このレビューが硬さ選びの手助けになれば幸いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

708View

この記事の編集者

あさひ

素敵なアダルトグッズと気持ちいいオナニーを求めて、使ってきたオモチャは数しれず。あさひと申します。経験を活かして、わかりやすいレビューをお届けしたいと思います!

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す