セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#02~

コラム・ブログ

2017/12/25

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#02~



クリトリス編#02
シャワーオナニーで感度を高める方法7ステップ

こんにちは!セクシー・アントワネットです。

「もっとシャワーでセックスしましょう~(^◇^)オナニーさせましょう~~♬」
なぜか歌いたい気分です。(´◉◞౪◟◉)

じつは女性は、オナニーを習慣化させたほうが、セックスでオーガズムに達しやすいと言われています。じじつ、オナニーをしている女性としていない女性では、オーガズムに達した回数も違うといったアンケートもよく見られます。

日頃からオナニーをしている女性の方が、愛撫に感じやすかったり、オーガズムを迎えることに抵抗感みたいなのがないようなので、イキやすいんですね~

なので、女性にはオナニーを習慣化させてほしいと私は思っています。しかし、、、
女の子は基本的にシャイですし、オナニーをしている自分に嫌悪感を抱いてしまう女性も多いようです。とくに経験の少ない女性であればあるほど、そうなんですね。

こういう考え方とか、明らかに男性とちがうところですよね~(´◉◞౪◟◉)
なので、まずはそういう女性の意識をあなたがとっぱらってあげること、そしてあなたが女性にオナニーを教えてあげることが重要。
「オナニーはねぇ、、、、すごぉーく良いことなんだよぉ~!!(^◇^)」みたいなことを身体で知ってもらうことが大事なんです。

では、女性にオナニーを教えるためにはどうしたら良いでしょうか?
それは、、、いっしょにシャワーを浴びながら覚えさせること!! セックス前にいっしょにお風呂に入れば、イチャイチャできて気分ももりあがりますし、それに血流も良くなって感じやすくなっていきます。オナニーを教え込むに浴室は最適な場所です^^

男らしく女性の手をひいて、浴室まで連れて行ってください。そして、身体を洗いっこしながら、シャワーをつかったオナニーテクを伝授してあげてください。

さっそく「シャワーオナニーで感度を高める方法7ステップ」についてご紹介したいと思います。

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#02~


この愛撫は、2人いっしょにシャワーを浴びるついでにスムーズに使えます。先に女性の身体をしっかりと洗ってあげると、あなたの優しさを伝えることができるので、女性もセックスしたいモードになってくるでしょう。
※お湯の温度や水圧については、事前に調整しておいてください。

非公開: セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#02~

ステップ1
あなたは女性のうしろに位置します。
ステップ2
あなたの胸と女性の背中をしっかりと密着させながら、シャワーをつかって女性の身体を洗ってあげましょう。
ステップ3
女性がリラックスしてきたら、シャワーの水圧を弱めて、お湯が女性器にダイレクトに当たるようにします。
ステップ4
女性の脚をM字開脚させましょう。
ステップ5
あなたの片手で女性のクリトリスの包皮を剥いたら、シャワーのお湯をクリトリスに当てましょう。(このとき、水圧には気をつけてください)
ステップ6
女性が身もだえしたり、身体をよじらすなどの反応を見せても、そのままクリトリス刺激を続けます。
ステップ7
お湯を当てながら、ときどきあなたの逆の指の腹でクリトリスを撫でます。

ポイント
どうしても女性が嫌がる場合は、シャワーでの刺激を一度やめてみて、指だけで刺激するなどしてみましょう。


いかがでしたでしょうか?
以上が「シャワーオナニーで感度を高める方法7ステップ」でした!!

経験の少ない女性にたいしては、セックスのたびにシャワーオナニーの快感を教えてあげましょう。すると女性は、まいにちお風呂に入るたびにオナニーする習慣が自然とできるかもしれません(^◇^)
次回も楽しみにしていてくださいね♥

あなたのセックスの伝道師、
セクシー・アントワネットより。

 

 

0

1107View

この記事の編集者

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

東京在住の男性向け恋愛&セックスハウツーの伝道師。今までに恋愛&セックステクニックセミナーを数回にわたり開催し、多くの受講者を集める。 現在は恋愛セラピスト、セクシャルプロデューサー、企画ライター、恋愛映画の原案者、シナリオライターなど幅広い分野で活躍。 自身のテクニックを広めるため、男性を中心に、恋愛ハウツーやセックステクニックを伝授している。

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す