セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#05~

コラム・ブログ

2018/03/10

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#05~

クリトリス編#05
女性の快感をヒートアップさせる複合愛撫2選

こんにちは!セクシー・アントワネットです。

クリトリスへの「複合愛撫」のメリットとは??

それは、、、さまざまな刺激を与えることで、単体愛撫よりも強い刺激を女性に与えられることです。

クリトリスは平常時は直径1㎝に満たない非常に小さな物体(※個人差あり)ではありますが、そこには数千もの神経が集結するほど敏感な場所。愛撫をうけたときの女性の反応はすばらしいものです。
(^^♪

なので、複合愛撫でいろいろな刺激を与えて、女性を喜ばせてあげることが大切です。あなたが毎回セックスで色々な刺激を与えることができたなら、、、そして、強い快感で女性をメロメロにさせることができたなら、、、女性の満足度はかなりのものでしょうね。となれば、女性はいっきにあなたとのセックスに溺れていくはずです。(^◇^)

そこで今日は、私のおすすめの複合愛撫でもある「女性の快感をヒートアップさせる複合愛撫2選」
についてご紹介します。

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#05~



1:熱い吐息攻め&舌舐め

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~クリトリス編#05~

この愛撫は、温かい息を吹きかけて膣の性感をあげながら気持ちよくさせるというテクニックです。
あなたも息を吐く練習をしてみるとわかりますが、口を小さくすぼめて(ふぅっと)息を吐くのと、口を大きく広げて息を(もわぁ~)と出すのとでは、息の温度が全く違います。
クリトリスは温かいものに大きく反応しますから、まずは温かい息を出す練習をしてください。それがきるようになったら、その方法でクリトリスに数回ほど息を吹きかけます。

息を吹きかけていくうちに、クリトリスが勃起するなどの反応があれば、息を数回かけたあとに、今後は舌先でクリトリスを上下左右に舐めて刺激します。これを数回繰り返すうちに、クリトリスはどんどん勃起していって、女性の身体も敏感になっていくはずです。


2:唇で圧迫&吸引

この愛撫は、「唇」でやさしく指圧したり、吸引で強い刺激をあたえるというテクニックです。クリトリスを指圧するときは、だいたいの男性が指を使うので、「

による柔らかな感触は、女性に心地よさをあたえます。

まずはあなたの唇を唾液でたっぷりと濡らしてからクリトリスに下唇を押しあてます。
首を前後に動かして、唇でクリトリスを圧迫します。1秒間だけ圧迫したり、5秒間ほど圧迫するなどして、愛撫にメリハリをくわえましょう。女性が愛撫に反応してきたら、ふたたび唾液をたっぷりと含ませて、音をたてながらいっきにクリトリスを吸引します。
このとき、力加減には注意してください。最初はソフトに吸引し、女性の反応をみながら、じょじょに力を強めていけば、女性に痛みを感じさせることはないでしょう。

吸引のコツは、唾液と空気をたっぷりと含ませること。大胆な吸引方法に感じて、女性の性感はいっきにヒートアップしていくはず。


いかがでしたでしょうか?
以上が「女性の快感をヒートアップさせる複合愛撫2選」
でした!!

複合愛撫に慣れてくると、あなたなりに(これはどうだろうか??)なんてアイデアがひらめたりもします。(^◇^)そうなれば、あなたはテクニシャンレベルになってきているともいえます。とはいえ、、、誰でもそんなに都合よくいきなりテクニシャンにはなれません。失敗や経験を積んで、何度も勉強を繰り返していくことで、真のテクニシャンになることができるのではないでしょうか?(^◇^)

今日でクリトリス愛撫編も終了です!!クリトリスに関しては、あなたはすでにクリトリスマスターですね(^^♪
次回からは膣愛撫に入りますので、楽しみにしていてください!
あなたのセックスの伝道師、
セクシー・アントワネットより。

 

 

0

773View

この記事の編集者

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

東京在住の男性向け恋愛&セックスハウツーの伝道師。今までに恋愛&セックステクニックセミナーを数回にわたり開催し、多くの受講者を集める。 現在は恋愛セラピスト、セクシャルプロデューサー、企画ライター、恋愛映画の原案者、シナリオライターなど幅広い分野で活躍。 自身のテクニックを広めるため、男性を中心に、恋愛ハウツーやセックステクニックを伝授している。

この記事のコメント

コメントを書く

コメントを残す