セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~導入編#03~

コラム・ブログ

2016/08/31

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~導入編#03~



導入編#03
熱しにくく冷めづらい?!女性の感じ方の4つの段階とは?!

こんにちは!あなたのセックスの伝道師、セクシー・アントワネットです。

あなたは、女性は快感をえるまでに時間はかかるけど、一度オーガズムに達すると快感が冷めづらいということを知っていましたか?まさに「女の快感は湯沸かし器」のようです。
沸騰するまでに時間はかかるものの、一度沸騰したらお湯が冷めるのに時間がかかるわけですから。この理屈を理解できれば、あなたはまた一歩テクニシャンへと近づきます。

女性の感じ方の段階はズバリ4つ!です。
さっそく、それぞれの段階について詳しく教えていきたいと思います。

非公開: セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー #01



1:快感まえの準備段階

女性はあなた以上にセックスで緊張するものなので、最初は緊張のあまり、身体がリラックスできていません。なので、この段階では気持ちいいとかはまだ感じられません。

むしろ緊張のせいか、メンタル面で落ちつかなかったり、身体や膣が硬い状態ですから、まずは感じやすい身体にするためにも、マッサージやスキンシップが必要になってきます。そうすることでじょじょに緊張がほどけてくるので、あなたに安心感を抱きはじめます。すると気持ちが穏やかになってきて、あなたの愛撫に身をまかせやすくなり、愛撫にたいしても感じやすくなっていきます。



2: 快感が加速中の段階

女性をある程度リラックスさせて、快感への準備がととのったら、今度は本格的な愛撫で、攻めていきますよね。この段階では、フェザータッチで身体全体をやさしく愛撫したり、焦らし愛撫で女性の性感を盛り上げたりするのが効果的。あなたが女性の背中や脚、首筋や耳などの第二次性感帯を触ったり撫でたりして刺激していくことで、女性の快感はどんどん加速していきます。
この段階では、まさにお湯がじょじょに熱くなってきている最中ですから、快感もどんどん高まっている状態です。ここで注意したいことは、いきなりアソコや乳首などの性感帯には直接触らないこと。まずはその周辺を何度も手や指、舌などで攻めていき、焦らすような刺激をあたえましょう。



3:快感がピークの段階

焦らし愛撫で長い時間たっぷりと攻めていけば、さすがに女性は「もっと攻めてほしい!」と思うわけです。この段階では、女性は身も心もあなたの愛撫ほしさに堪らなくなっています。性感帯をピンポイントに刺激してみて、ちょっと刺激しただけでも女性が身をよじらせたり、愛液がどんどん溢れるなどの強い反応が出るならば、女性の快感はピークといえます。
ここでは、女性が一番感じる場所を集中的に愛撫するのがオススメ。するとこれまでの期待感も高まってか、女性の快感はイク寸前までのぼりつめます。



4:オーガズムをむかえる段階

ピークからリーチへの段階は、すぐにやってきます。この段階では、女性によっては1分もせずに、オーガズムを迎えることもあります。この段階では、下手に愛撫で焦らさずに、女性の反応が良い刺激をキープしてイカせることが大事です。
すると、オーガズムを迎えた後も、女性はスッキリとした表情で、心からあなたのセックスに満足することができるでしょう。
逆に、女性がイク寸前になって下手に焦らしたり、体位を変えてしまうと、女性の気はそれてしまいます。すると、オーガズムを迎えた後も女性はなんだかスッキリできずに、頭がぼんやりするなんてことにもなるのでご注意ください!



快感をさます段階

心から満足できるセックスをしたあとの女性は、良い意味でぐったりとしています。まさにこの段階は、女性が快感の余韻にひたる時間です。
ここで、あなたがさっさと一人でシャワーを浴びたり、携帯を見るなどのデリカシーのない行動をしてしまうと、女性の気は散ってしまい、あなたとのセックスでの総合評価はうんと下がってしまいます。女性にとっては、そう!セックスの前後がとても大事だということは以前お話しましたよね!?この段階は「後戯」ともいうもので、一緒に寝そべってスキンシップや甘い言葉を楽しむ時間なのです。そうこうしているうちに、女性は余韻を楽しみながらも、じょじょにクールダウンしていきます。


いかがでしたでしょうか?以上が、女性の感じ方の4つの段階でした。
次回も楽しみにしていてくださいね♥

あなたのセックスの伝道師、
セクシー・アントワネットより

セックスで女性をあなたの虜にさせる!テクニシャンになるためのハウツー ~導入編#03~

0

1375View

この記事の編集者

セクシー・アントワネット

セクシー・アントワネット

東京在住の男性向け恋愛&セックスハウツーの伝道師。今までに恋愛&セックステクニックセミナーを数回にわたり開催し、多くの受講者を集める。 現在は恋愛セラピスト、セクシャルプロデューサー、企画ライター、恋愛映画の原案者、シナリオライターなど幅広い分野で活躍。 自身のテクニックを広めるため、男性を中心に、恋愛ハウツーやセックステクニックを伝授している。

この記事のコメント

  • しょうちゃん 2017/05/30 at 9:15 PM

    私はいつも前戯は念入りに、挿入はスマートに、一緒にいった後は後戯は優しく愛撫し、耳元で「良かったよ〜」ってささやきながらマッタリしています(^_^)v

コメントを書く

コメントを残す